米企業、社債発行が急減
自社株買いの停止相次ぐ 資金調達困難に

2020/3/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染が拡大している米国で、企業の資金繰りが大きな課題として浮上している。社債発行が急減しており、3月の低格付け社債の発行額は2月から9割減少した。企業は手元資金の確保に動き、自社株買いを停止する企業も相次いでいる。近く成立する見通しの2兆ドル(約220兆円)の大型経済対策では米連邦準備理事会(FRB)による社債購入などを含め、企業の資金繰りを支援する。

米企業の資金調達は日増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]