柔道代表ウルフ「準備する時間できた」 五輪延期で

2020/3/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

柔道男子100キロ級で東京五輪代表のウルフ・アロン(了徳寺大職)が26日、五輪の延期について「(新型コロナウイルスの影響で)前々から通常通り開催されるとは思っていなかった。3月の段階で延期と決めてもらえたことはプラス。準備する時間が1年できたのでさらに強い自分を見せることができる」と語った。

出身の東京都葛飾区の区長を表敬訪問した後のことで、延期決定後に五輪代表選手が公の場で取材に応じるのは初め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]