韓国 危機下の総選挙、号砲
文政権のコロナ対応、争点 与党優位、過半数握るか

2020/3/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=恩地洋介】韓国で26日、4月15日投開票の国会議員総選挙の候補者登録(公示)が始まった。革新系与党が過半数の議席を得られるかが焦点で、結果は2年余りの任期を残す文在寅(ムン・ジェイン)大統領の政権運営を左右する。有権者の関心は新型コロナウイルスを巡る政権の対応に集まる。世論調査では与党が優位だが、野党は水際対策の失敗などを問題視する。大規模集会の禁止など「危機下の選挙戦」では文政権の危…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]