企業に税優遇、切れ目なく
新型コロナ対応、自民税調が検討

2020/3/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自民党税制調査会(甘利明会長)は26日、幹部会合を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対策の検討を始めた。経済の落ち込みで影響を受けた企業への支援を重心に置く。まずは中小の倒産を防ぐ資金繰り支援を急ぐほか、固定資産税の減免など法改正の必要な負担軽減策を詰める。収束後を見据えて成長投資や構造改革を後押しする方策も議論し、切れ目なく支援を打ち出す。

党税調は例年、年末の与党税制改正大綱の策定に向…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]