交遊抄何かと縁あり 安藤公基

2020/3/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

駒場東邦中学・高等学校の同級生、上原宏之君とは何かと縁がある。中学1年生で出会い、60歳を過ぎた今でも良き遊び仲間だ。学生時代には渋谷や下北沢で青春をともにした。彼は東京・目黒区の出身。高校生なのに喫茶店に入り浸る、都会の洗練された少年だった。勉強熱心な生徒が多いなか、私と上原君は授業を抜け出して遊びに出かけたものだ。おかげで高校3年生の卒業アルバムの教室の風景には2人とも写っていなかった。

就…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]