/

この記事は会員限定です

東芝、職務基準の賃金制

来月導入 若手や中途 処遇改善

[有料会員限定]

東芝は4月から職場での役割や職務の内容をもとに賃金を決める「役割等級制度」を導入する。優秀な若手や中堅社員の賃金を手厚くし、中途採用の従業員の処遇も改善して重要な役職に起用しやすくする。従業員の賃金制度を年功序列型から成果や能力を重視する形式に改め、海外企業も交えた人材獲得競争に勝ち抜きたい考えだ。

東芝本体とインフラやエネルギー、半導体など主要な事業子会社に所属する国内の約2万人が対象となる。今後数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン