五輪関連株に買い戻し 日経平均、3日で18%上昇

2020/3/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

25日の東京市場で日経平均株価が続伸し、19日に付けた昨年来安値(1万6552円)から3営業日での上昇率は18%に達した。トランプ米政権と与野党が2兆ドル(約220兆円)規模の景気刺激策で最終合意したのを受け、CTA(商品投資顧問)などの買い戻しを誘発した。(総合1面参照

東京五輪・パラリンピックの延期決定で中止という最悪シナリオが回避され、不動産株など五輪関連銘柄を買い戻す動きも目立った。住…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]