ヘッジファンド、運用損失急拡大 株価乱高下で
投資家離れ加速も

2020/3/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による金融市場の混乱がヘッジファンドを苦境に追い込んでいる。世界最大のヘッジファンドである米ブリッジウォーター・アソシエイツの運用成績は年初来で2割のマイナスとなり、業界全体ではリーマン・ショック直後以来の悪化を記録した。足元で株式相場は持ち直しの兆しもあるが、投資家離れを食い止めるのは容易ではなさそうだ。

「ヘッジファンド業界はリストラの嵐だ」。ある運用会社のファン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]