やさしい経済学日本型雇用、改革の行方(8)苦悩する労働組合 日本総合研究所副理事長 山田久

2020/3/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

わが国の労働市場を国際比較の観点でみると、失業率が低い一方で賃金の伸び率が緩やかであることがわかります。この背景には、企業内組合という世界でもユニークな労働組合のもとで形成された、日本型の労使関係があります。

わが国の労働組合は企業ごとに組成されています。個別企業での雇用保障を最優先に考えがちで、企業業績を圧迫しかねない賃上げ要求を抑える傾向があります。とりわけ近年は先行き不透明感が強まり、賃金…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]