NY株上げ幅最大 2112ドル高
新型コロナ 値動き激しく、市場なお不安定

2020/3/25付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=大島有美子】24日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比2112ドル98セント(11.4%)高の2万704ドル91セントで取引を終えた。上げ幅は過去最大となった。米与野党が新型コロナウイルスの感染拡大にともなう経済対策で合意するとの観測が広がり、投資家の安心感が株の買いにつながった。2月後半から値動きは激しく、市場では当面は不安定な状況が続くとの見方が多い。

ダウ平…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]