JERA、海外洋上風力の開発強化 台湾中心に100人規模体制

2020/3/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスと中部電力が折半出資するJERAは、海外で洋上風力の開発体制を整える。世界最大級の洋上風力計画に参画する台湾を中心に、数年かけて100人規模の体制に増強。米国では陸上風力などの開発チームを立ち上げた。世界的な脱炭素の流れで石炭火力に代わり風力発電の需要が高まっており、開発体制を整えて事業拡大を急ぐ。

従来は30人程度しか開発部隊がいなかったが、数年かけて100人規模に増や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]