ALSOKと横浜銀・千葉銀、公金業務省人化で連携

2020/3/25付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

綜合警備保障(ALSOK)は24日、横浜銀行、千葉銀行と、地方自治体での税金・公金取扱業務の省人化などについて連携協定を結んだと発表した。自動車税や固定資産税の納付に関する作業を機械化するなどして、銀行のコスト削減や業務負担の軽減にもつなげる。

ALSOKの入出金機を都道府県庁や市役所、町村役場などにある銀行の出張所に設置して、自治体職員が納税者から預かった現金を同機に入金するようにする。これま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]