中国が狙う 日本のIoT
目当ては生産自動化ノウハウ 脱・米依存へ技術求める

2020/3/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

製造強国への脱皮を目指す中国が日本の「IoT」に触手を伸ばしている。あらゆるモノがネットにつながるIoTの技術は、次世代の製造業の競争力を左右する。中国は電子決済などで世界をリードするが、生産分野では日本が優位を保つ技術も多い。米中貿易戦争が再び激化するのに備えて、官民一体で日本企業が持つ生産自動化などのノウハウを取り込み、先端分野の製造技術力の向上を狙う。

「日本のものづくりの力を我々に貸して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]