LIXIL、取締役14人から9人に 統治改革にめど

2020/3/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

LIXILグループは23日、取締役を14人から9人に減らす新しい経営体制を発表した。社長兼最高経営責任者(CEO)の瀬戸欣哉氏は続投し、2018年に起きた経営トップを巡る混乱で瀬戸氏と対立した旧経営陣が推した6人のうち4人が退任する。6月の株主総会に提案し、コーポレートガバナンス(企業統治)改革にめどをつける。

また傘下の主要事業会社LIXILを12月1日付で合併することも発表した。持ち株会社と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]