スズキ、ミャンマーの工場増強 120億円投じ生産能力4倍

2020/3/24付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

スズキは23日、ミャンマーの工場を増強すると発表した。現地の2つの工場のうちヤンゴン市南東の拠点を増築して四輪車の塗装ラインなどを新たに導入する。約120億円を投資し、2021年9月の稼働を見込む。建屋の面積は10倍に広がり、生産能力は4倍になるという。ミャンマーでのシェア拡大をにらみ供給能力を引き上げる。

増強するのは完全子会社のスズキティラワモーターの工場。ヤンゴン市南東のティラワ工業団地に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]