武漢の公共交通機関 2カ月ぶり再開へ 市当局が方針決定

2020/3/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔】新型コロナウイルスの感染拡大が始まった中国湖北省武漢市の当局は地下鉄など公共交通機関の大半を約2カ月ぶりに再開する方針を決めた。同市の主要企業は稼働を再開したが、従業員の多くが出勤できないため設備の稼働率は1割程度にとどまっているとみられる。公共交通機関の再開は企業の稼働率引き上げを後押ししそうだ。

市当局は23日までに地下鉄やバスの運行会社などに対し、主要路線の運行再開に備…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]