/

この記事は会員限定です

ドル高 嵐の前の静けさ

需給緩和、円高反転リスク リーマン危機時再来も

[有料会員限定]

乱高下を繰り返している株式相場を尻目に円の対ドル相場が円安基調で安定している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う市場の混乱で、米ドルを現金で手元に確保しておく需要が強いためだ。年度末を控えて円高・株安のダブルパンチを避けられている国内勢にとっては数少ない好材料だが、2008年のリーマン・ショック直後にも似た景色が広がっていた。

23日の東京外国為替市場で円相場は1ドル=110円前後で推移した。9日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン