/

この記事は会員限定です

原油供給過剰が最大に 一時20ドル割れ、安値長期化も

サウジなど増産/細る需要

[有料会員限定]

世界の原油市場が過去30年超で最大の供給過剰に陥りそうだ。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど主要産油国の減産協議が決裂し、今後サウジアラビアなど産油国が増産に踏み切る見通し。需要は新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に冷え込んでおり、4~6月は世界需要の約5%分の余剰が発生する見込みだ。20日に一時1バレル20ドルを割り込んだ原油価格は低迷が長引きそうだ。

供給過剰に伴う原油安の影響は中東産油...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1293文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン