/

この記事は会員限定です

米欧中銀、信用収縮回避へ 金融市場が逼迫

FRB、MMF支援 欧州中銀、国債購入

[有料会員限定]

米欧の中央銀行は日本時間の19日、そろって緊急の資金供給策を打ち出した。米国は市場の混乱が企業の資金繰り悪化につながらないよう支援し、欧州は南欧国債の下落(利回りの上昇)抑制を狙う。新型コロナウイルスによる経済への打撃が懸念され、金融・証券市場からは資金が引き揚げられている。銀行間取引(総合2面きょうのことば)でも資金が逼迫し、「流動性危機」の様相だ。実体経済への波及を止められるか、瀬戸際の対応が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン