/

この記事は会員限定です

ビッグBiz解剖(下)シャープへの熱 冷める鴻海

液晶、中国勢台頭で優位薄く EV参入に力点移す

[有料会員限定]

シャープの親会社である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業で、シャープの存在感が小さくなっている。シャープの技術を使って米中に巨大な液晶パネル工場を新設する計画を打ち出したが、事業環境の悪化でトーンダウンした。代わって成長のけん引役に浮上してきたのは電気自動車(EV)など、シャープがゆかりのない分野だ。

3月3日、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン