/

この記事は会員限定です

津波被災地、衛星で解析 居住地から商工業地へ

人や車の出入り活発化

[有料会員限定]

東日本大震災の津波で甚大な被害を受け、居住が制限される地域(災害危険区域)が、経済活動の拠点として生まれ変わりつつある。人工衛星を使って人や車の出入りを調査・解析したところ、住民生活が営めなくなる一方で商業施設や工場、農場などが徐々に生まれていることが分かった。データと区域内の復興事業を照らし合わせ、津波被災地の現状を検証した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1579文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン