がん免疫薬 別の薬と併用 効果高める研究進む 副作用抑制も期待

2020/3/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

体に備わる免疫の力でがんをたたく「がん免疫薬」をほかの薬と併用する治療法で、さらに効果を高めるための研究に大学が取り組んでいる。併用療法の開発は世界中で活発だが、単剤より副作用が強く、効果が出づらい事例も多い。がん組織だけに薬を届ける技術などと組み合わせることで副作用を抑え、効果を高めることを目指す。

小野薬品工業の「オプジーボ」などのがん免疫薬は、手術と放射線、抗がん剤に続く「第4のがん治療法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]