/

この記事は会員限定です

基礎研究に革新的ツール AIで膨大なデータ分析

首都大学東京、磁性体スピード分類 東京工業大学は新材料の試作効率化

[有料会員限定]

産業界で進む人工知能(AI)の利用が科学研究でも目立ってきた。基礎科学の理論やモデル作りに深層学習(ディープラーニング)を応用したり、材料開発などの研究で勘に頼らず実験計画を作ったりする。科学文献をAIが解析し、仮説作りに役立てる試みもある。基礎や応用など分野を問わず、AIで研究の新たな視点を得たり、研究のスピードを上げる効果が期待されている。

物質の成り立ちなどを探求する基礎物理学で、AIの手法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1455文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン