/

この記事は会員限定です

ゲノム編集 改良一段と

新技術の特許、知財高裁が判決 狙った場所 短時間で切り貼り

[有料会員限定]

知的財産高裁は2月、米ブロード研究所が申請したゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」の特許の一部を認める判決を出した。この技術は遺伝子を狙ったように切り貼りできるため、病気の治療や効率的な育種に役立てる研究が盛んに進む。さらに簡単で使いやすくしようと改良技術の開発が進んでおり、特許出願は多い。広く利用許諾をする仕組みはまだなく、医療分野などでは権利関係に注意が必要だ。

ゲノム編集とは狙った遺伝子の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン