/

この記事は会員限定です

広島県知事 湯崎英彦氏

変革生むアイデアの源泉

[有料会員限定]

旧通産省(現経産省)などを経て通信会社を設立。同社を退社後、2009年に広島県知事に転じた。

知事になった当時、県庁職員からみれば、私は「宇宙人」だったのですよ。この人は何を言っているのかわからん、使う言葉からして違うと。

私はまず、「県民起点」「現場主義」「成果主義(志向)」という3つの視座を示し、職員に行動理念をつくってもらいました。例えば「私たちは変革を追求し続けます」などです。そして実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン