世界2500万人失業も ILO予測 金融危機上回る恐れ

2020/3/19付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】国際労働機関(ILO)は18日、新型コロナウイルスの影響で、世界で失業者が最大2500万人増えるとの報告書をまとめた。各地で工場の操業停止や店舗営業の規制が相次ぎ、企業活動の停滞が深刻になっている。2008~09年の金融危機時に発生した失業者(約2200万人)を上回る恐れがある。

ライダー事務局長は新型コロナは「もはや健康だけでなく、労働市場と経済への危機にもなっている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]