/

この記事は会員限定です

PVA 中国輸出減の観測

特殊樹脂、日本企業に出荷要請

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大の余波が化学品市場に及んでいる。中国が世界の生産能力の過半を占める特殊樹脂「ポリビニールアルコール(PVA)」の輸出が減っているとの観測が台頭。日本の大手企業への出荷要請が来ているという。

PVAは繊維原料や接着剤、フィルムなどの用途がある。近年は自動車用ガラスの中間膜や水溶性フィルムなどの需要が増えている。業界推計では世界の生産能力が年間200万トン強あり、中国が6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン