/

この記事は会員限定です

日本酒の新規免許、国内にも

WAKAZE社長 稲川琢磨

[有料会員限定]

日本酒の製造免許を輸出限定で許可する方針が2020年度の税制改正大綱に盛り込まれた。これまで新規免許は事実上、認められていなかったので、新たな一歩かもしれない。ただ「輸出は伸びているから許可」という理屈であれば、次の手として当然検討すべきなのは、国内市場が伸びているいわゆる高品質と呼ばれている特定名称酒に限定した許可だろう。

当社は「日本酒を世界酒に」というビジョンを掲げ、16年に設立したスター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り860文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン