スカイマーク、再上場延期 年後半以降に 世界で旅客急減

2020/3/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

スカイマークは今春を目指していた東京証券取引所への再上場を先送りする方針を固めた。上場は早くても2020年後半以降になるもようだ。新型コロナウイルスの感染拡大で航空需要が世界で急減し、世界各地で航空会社の大規模な運休や減便が広がる。経営環境が悪化し株式市場の混乱も続いていることから、現状での上場を見送る。

スカイマークは15年に経営破綻し上場廃止になった。同年に投資ファンドのインテグラル(東京・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]