米中、新型コロナで非難の応酬 「米国、発生源ではない」 「中国に汚名かぶせた」

2020/3/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=羽田野主】新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、米中の外交官が応酬をくり広げている。中国共産党の習近平(シー・ジンピン)指導部は米欧の封じ込めの難航を引き合いに出して、中国の対応が「成功」しつつあるという国内向けの宣伝活動を強化。中国をウイルスの発生源とみている米国などが反発し非難し合う悪循環に陥っている。

中国外務省の耿爽副報道局長は17日の記者会見で、トランプ米大統領がツイッターで1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]