/

この記事は会員限定です

丸一鋼管、インド地固め

先回り投資でシェア8割 排ガス規制商機で新工場

[有料会員限定]

丸一鋼管はインドに自動車の排気管に使う鋼管の新工場を設け、同国での生産能力を3割高める。同社は高炉会社に属さない独立専業として新興国市場にいち早く進出する「先回り戦略」で現地シェア8割を握る。新型コロナウイルスの感染拡大による不透明さもあるが、排ガス規制強化に対応する耐熱性の高い鋼管の需要が伸びるとみる。

インド西部のグジャラート州で4月、同国3カ所目の工場を稼働させる。北部ハリヤナ州で生産したステンレス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン