/

この記事は会員限定です

米航空、政府に5兆円支援要請

全運航便の過半削減 資金繰り悪化

[有料会員限定]

【ニューヨーク=高橋そら】米国の10以上の航空会社や運輸企業で構成する業界団体「エアラインズ・フォー・アメリカ」は16日、米政府に助成金支給や融資保証で500億ドル(約5兆3000億円)以上の支援を要請したと明らかにした。新型コロナウイルスの流行で運休や減便が相次ぎ、資金繰りが苦しくなっているためだ。要請が受理されれば、2001年の米同時テロ以降で最大規模の支援となる。

トランプ米政権の入国禁止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン