/

この記事は会員限定です

稼働原発 年内に半減

川内1号機停止 テロ対策遅れで

[有料会員限定]

九州電力は、原子力規制委員会が課すテロ対策施設が期限内に完成しないとして、川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)1号機の運転を16日午後に停止した。運転中の原発が新規制基準を満たせずに止まるのは初めて。他原発でも同施設の建設が遅れている。政府が基幹電源に位置づけながら安定した運転には程遠く、エネルギー政策がうたう最適な電源構成の達成はおぼつかない。

川内1号機は17日に全国の原発で最初に迎えるテロ対策施設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン