第三者委最終報告書の要旨 共犯関係、引きずりを意図/コンプラ違反、30年以上継続

2020/3/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

関西電力が14日公表した、第三者委員会による調査報告書の要旨は以下の通り。

【多額の金品受領や事前発注約束】

関電が実施した社内調査と今回の調査で判明した金品受領者は計75人、総額は約3億6千万円相当。受領時期も森山栄治氏が高浜町助役を退任した1987年の直後から2010年代までまんべんなく認められた。

東日本大震災以降、原子力発電所の運転の順次停止や新規制基準への対応などで工事発注の増加が見込…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]