/

この記事は会員限定です

貨物チャーター便、急増

細る旅客便・海運を代替

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国や韓国と日本の間の物流で定期便に比べて割高な航空貨物のチャーター需要が急増している。通常はほとんどないがANAカーゴでは今後60便以上を用意する。中国・韓国向けの旅客便が新型コロナ拡大前に比べ9割減ったためだ。半導体や自動車メーカーを中心に物流コストは増えても納期順守を優先する企業が多い。

航空貨物は、旅客機の手荷物分を除いた余剰スペースを使う場合と、貨物専...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン