/

この記事は会員限定です

父と息子の地下アイドル

音楽と演技力に見応え

[有料会員限定]

かつて熱血派だった高校教師が、息子が取り組んでいたアイドルのプロデュースを引き継ぎ、奮闘するというドラマがおもしろかった。2019年WOWOW新人シナリオ大賞を受賞した「父と息子の地下アイドル」だ。

脚本を書いたのはプログラマーをしながら脚本家をめざしている光益義幸(32)、プロデュースはこちらも初回作の山田雅樹(39)というフレッシュなコンビによるドラマだ。

まず、松重豊が扮する高校教師が女子高生を相手に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン