/

この記事は会員限定です

森林大火災 「主犯」は温暖化

世界で多発 高温乾燥に拍車

[有料会員限定]

大規模な森林火災が世界各地で発生している。オーストラリアで2019年から続いていた火災は、日本の面積の3分の1ほどにあたる1260万ヘクタール以上が焼失した。森林火災があまり見られなかったアラスカやシベリアなど北極圏近くでも近年、多発している。地球温暖化やそれに伴う異常気象が拍車をかけているという見方が強まっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン