/

この記事は会員限定です

休校・外出自粛に法的根拠 改正特措法が成立

「緊急事態宣言」可能に

[有料会員限定]

新型インフルエンザ対策特別措置法の対象に新型コロナウイルス感染症を追加する改正法が13日の参院本会議で成立した。感染が急速に拡大した場合、首相は「緊急事態宣言」の発令が可能となった。都道府県知事は宣言を受け、法律に基づいた外出自粛要請や学校などの使用制限要請・指示ができる。(1面参照

改正法は与党のほか、立憲民主党や国民民主党なども賛成した。共産党は反対した。

14日にも施行される。緊急事態宣言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン