欧州中銀、利下げは見送り 金融政策の限界露呈

2020/3/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【フランクフルト=石川潤】欧州中央銀行(ECB)は12日開いた理事会で、量的緩和政策の拡大と銀行への低利での資金供給増を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大で銀行や企業が資金不足に陥らないように万全を期した形だが、市場が織り込んでいたマイナス金利の深掘りは見送った。金融政策がすでに限界に近づいているためで、ECBは各国が財政政策で役割を果たすように求めている。

量的緩和政策では現在の月200億ユ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]