/

この記事は会員限定です

インドの5G網整備、ファーウェイ容認すべき

インドノミクス・コンサルティング チーフエコノミスト リテェシュ・クマル・シン氏寄稿

[有料会員限定]

インドは2019年12月31日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)、中興通訊(ZTE)を含む、全ての次世代通信規格「5G」開発企業に試験運用への参加を認めた。印通信相は中国勢容認の批判に対し、対象はあくまで5Gの試験運用であり、商業運用ではないと明言した。

トランプ米政権は同盟国に5G網からファーウェイを排除するよう求めている。中国政府が同社の製品にバックドア(裏口)とスパイウエアを仕込ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン