/

この記事は会員限定です

エーザイ「特許の崖」克服

今期最高益見通し、配当・設備投資 手厚く

[有料会員限定]

エーザイの2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)は1016億円と、13期ぶりに最高益になる見通しだ。売上高の4割を占めた認知症治療薬の特許が切れる「パテントクリフ(特許の崖)」から10年を経て、いま財務戦略で攻めに転じている。

同社の売上高ピークは10年3月期の8031億円。このうち特許切れ直前の認知症治療薬「アリセプト」は実に4割を占めており、当時は「製薬最大のパテントクリフ」と騒がれた。

連結純利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン