/

この記事は会員限定です

欧州特許出願、3年連続最多

昨年、日本勢は2%減

[有料会員限定]

欧州特許庁(EPO)が12日まとめた報告書によると、2019年の欧州での特許出願は18万1406件と3年連続で過去最多を更新した。次世代通信規格「5G」関連の技術などデジタル通信分野が20%増と急拡大した。国別では通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を抱える中国が前年比29%の大幅増となった。

日本からの出願数は2万2066件と18年より2%減った。米国、ドイツに続く世界3位は維持した。ソニーパナソニックなどが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン