/

この記事は会員限定です

追跡コロナ 日本の宿題(3) 試行錯誤の一斉テレワーク

働き方改革 浮かんだ弱点

[有料会員限定]

「電車通勤の時間がなくなり、休校中の子供の世話もできる」。2月下旬から都内の自宅で業務を続ける資生堂の40歳代の男性社員はこう語る。資生堂は新型コロナウイルスの社内での感染予防のため、東京・汐留の本社をはじめ国内全従業員の3割にあたる約8千人の原則出社禁止を決めた。

1時間34分――。総務省が調べた東京都の通勤・通学時間の平均(往復、2016年)だ。大都市のビジネスパーソンは毎日の長い移動で疲弊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン