/

この記事は会員限定です

減損の足音、株安増幅

過去の割高M&Aがあだ

[有料会員限定]

「減損リスク」が新たな株安要因として市場にのしかかり始めた。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、過去のM&A(合併・買収)などで株式を大量に保有する企業は、足元の相場急落で減損損失の計上が避けられなくなるのではとの懸念が強まっている。あふれるマネーを支えに拡大してきたM&A。株安を増幅する要因へと暗転しつつある。

「ついに割った」――。あるトレーダーが見つめていたのはZOZO株の動きだ。この...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン