生活困窮するフリーランス
新型コロナでイベント自粛 途絶える収入、補償乏しく

2020/3/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が、フリーランスで働く人の生活を脅かしている。イベント自粛や一斉休校の余波でキャンセルが相次ぎ、収入が途絶えるケースが続出。政府も後押しして多様な働き方が広がり始めていたが、冷や水を浴びせられた形だ。

「卒業式シーズンはかき入れ時なのに、撮影は軒並みキャンセル。スポーツ大会やイベントの依頼も当分期待できない」。東京都内を中心に活動する40代の男性カメラマンはため息をつ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]