横浜ゴム、印工場に110億円 生産能力1割増 産業機械タイヤ強化

2020/3/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

横浜ゴムは農機など産業機械向けタイヤを強化する。まず2020年中に主力のインド工場などに110億円を投じて生産能力を1割増やす。売上高は25年をめどに1100億円と19年比55%増を目指す。連結売上高の約7割を占める自動車向けタイヤは、自動車販売の世界的な減速や新興勢の台頭で競争が激しい。専門性が高く採算も良い産業機械向けで業績を下支えしたい考えだ。

横浜ゴムは16年に農機向けタイヤなどを手がけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]