/

この記事は会員限定です

中国製造業、回復なお途上

再開1カ月、車は稼働率3割

[有料会員限定]

【広州=川上尚志、北京=多部田俊輔】新型コロナウイルスの震源地の中国で、上海市や広東省など主要地域の企業の操業が再開し10日で1カ月たった。主力産業の復旧を急ぎたい中国政府の意向もあり、再開した企業の割合を示す再開率は多くの業種で8割前後に達した。ただ人手不足が深刻でフル操業には至っていない。重点産業の自動車でも工場の能力に対する稼働率は3割程度とされ、本格復旧には時間がかかっている。

1面参照...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1332文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン