/

この記事は会員限定です

食料自給率目標45%に据え置き 農水省、30年度めど

[有料会員限定]

農林水産省は10日、5年ごとに作る農政の指針「食料・農業・農村基本計画」の原案を公表した。2018年度に37%だった供給熱量ベースの食料自給率を30年度に45%に高める目標を引き続き掲げる。19年に9121億円だった農林水産物・食品の輸出額を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン