/

この記事は会員限定です

SDGs起業家たち(2)サバンナの闇夜にLED

貸しランタンで上場狙う

[有料会員限定]

アフリカ東部タンザニア。いまだ電気が通っていない地域の露店街にオレンジ色の明かりがともる。光をもたらしているのがWASSHA(ワッシャ、東京・文京)だ。

ワッシャはアフリカで、発光ダイオード(LED)を使ったランタンを貸し出すビジネスを手がける。農村部の集落に一つはある「キオスク」と呼ぶ個人商店が拠点だ。

ビジネスモデルはこうだ。まずワッシャが各地のキオスクに、ランタンと充電器、蓄電池を提供する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン