/

この記事は会員限定です

円高・株安 警戒強める

北関東企業、輸出・消費の影響懸念

[有料会員限定]

新型コロナウイルスへの不安から進行した円高株安に北関東の企業の警戒感が高まっている。10日の日経平均株価の終値は3日ぶりに反発し為替相場も円安に振れたものの、不安定な動きが続く。製造業や小売業は輸出や個人消費への影響を懸念する。

自動車部品のタツミは完成車メーカーの北米工場に部品を輸出しており「円高はドル建ての売掛債権の評価額の減少につながる」(木村英典常務執行役員)。歯科治療器具のナカニシは歯を削るハン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン